30代から始める平社員の資産運用

投資初心者でもお金持ちになれる - 少額投資でなるはやで資産を築くブログ(株/投資信託/FX/自動売買/ロボアド)

あなたはなぜ投資を始めるのか。投資は手段であり目的ではない。投資の先を見据えよう。

人はなぜ投資をするのか?
理由は色々ありますが、やはり一番多いのは「お金持ちになりたい」ではないでしょうか。

ちなみにわたしが投資する理由はお金持ちになりたいからです。
少し補足すると、お金が欲しいというよりは、経済的に自由になりたいのです。

投資とは

投資とは、「将来の利益のために、産をじること」です。
ですので、基本的には元手がないと投資はできません。

投資を始める理由

大抵の人は「お金持ちになりたい」とか「老後資金を貯めたい」といった理由で
投資を始める人が多いのではないでしょうか?
最近の日本は老後の不安を煽るニュースが多いため、自然な流れだと思います。
最近では若い人の方が投資へ積極的なようです。
(70代の人より、20代の方が今後が長くて不透明なので当然ですね。危機感が違います。)

今の若者が将来も安心できるように政治でがんばってもらいたいところですが、
まぁ期待はできないでしょうね。
若者のために頑張ってくれる政治家がどれだけいるんでしょうね。
※自分たちで資産運用しろって言ってるくらいですからね。
 良く言えばマネーリテラシーの向上が図れますが、悪く言えば自己責任にされてるようなもんです。

他にも好きな会社を応援したい、とか技術の発展に寄与したい、など色々な理由があります。
私は好きな会社を応援しようと思って、その会社の株を持っていましたが、
あまりに値下がりしすぎて最近手放しました。
これは愛情が試されているんだ、とか意味不明な理由でホールドしていましたが、
さすがに耐え切れずに売りました。自分の生活もありますからね。

大切なこと

私が大切だと思っていて、これから投資を始める人に伝えたいことは

なぜ、投資をするのか?
目的を明確に持っておいてほしい

ということです。

目的の内容は人それぞれで結構です。
目的がブレたり、曖昧だったりすると、頻繁に運用方針を変更してしまったり、
急に投資が勿体無いように思えてきたりして、長続きしません。

目的さえ明確に持ち続けることが出来れば、
投資の実践中に起こる多少の困難は乗り越えられると思います。

ゴールを定めよう その1

投資は資産を投じて終わりではありません。回収して終わりです。
(回収できないこともありますが...)

回収するにしても、そもそも目指す額や期間があると思います。
タイトルにも書きましたが、他の人の資産運用を真似すること自体は構わないのですが、
人によってゴールは異なるということを認識しておくべきです。
それによって選ぶべき手法や内容が異なってきます。

  • 短期投資の手法なのか
  • 長期投資の手法なのか
  • リスクはどれだけ許容できるのか
  • 元手はどれだけ必要なのか

ゴールを定めるためにも目的を意識して欲しいと思います。

  • 短期で100万円稼ぎたいのに、長期の手法を選ぶ
  • 長期で運用したいのに、短期の手法を選ぶ

といったことがないようにして頂きたいと思います。
※もちろん、目的に合致していればその選択もアリだと思います。

ゴールを定めよう その2

こちらのゴールはやめるタイミングの話です。回収するタイミングですね。
ゴールその1を達成した上で、
投資したものがどういった状態になっていれば、終わりとできるのか。

例えば、投資信託であれば売ればいつでも終わりにできますが、
ロボアドバイザーは?個別株は?FXは?自動売買は?
それぞれの適切なやめ時が分かりますか?

投資を始める時には、どうやって始めれば良いかを調べて始める人が大半です。
その時に、やめ時(出口戦略)まで考える人は少ないと思います。
でも、出来れば、やめるタイミングまで考慮してから始めた方がいいんじゃないかな、と私は思います。
(長期運用であれば、運用中に考えるのでも良いんですけどね。)

生きるためにお金は必要だが、重要ではない

最後ですが、これは個人的にかなり大切なことだと思っています。
この世界で生きていくためには、お金は必要です。
でも、お金に囚われてすぎてはいけません。お金は重要ではないです。

一万円札を見てください。単なる紙ですよ。これに1万円分の価値があると思いますか?
千円札と五千円札と比べて、10倍や2倍も価値が高いと思いますか?


まぁ確かに「それだけの価値があります」と設定されてる訳なんですけどね。
でも、単なる紙です。

私もお金持ちになりたいので、お金稼ぎを否定しませんが、
大切なものは見失わないようにしたいですね。
詐欺みたいに人を騙してまで、お金に執着するのはダメですよ。