30代から始める平社員の資産運用

投資初心者でもお金持ちになれる - 少額投資でなるはやで資産を築くブログ(株/投資信託/FX/自動売買/ロボアド)

投資の考え方:初心者が投資を始める時に知っておいてほしいこと

私自身もまだまだ初心者で実績もありませんので偉そうなことは言えませんが
これまでの経験から皆さんに知っておいて欲しいことを書きたいと思います。
注意:あくまで個人的な考えです。参考にして頂く分にはかまいませんが、責任は負えません。

投資とは「資産を投ずること」

資産とは

金銭・土地・家屋・証券などの経済的価値の総称のことです。
固有名詞で言えば、お金とか株、不動産みたいなものですね。

投資とは

例えば、以下に列挙するようなものに資産を投じることですね。

  1. 難病を治す薬を開発している企業
  2. 世の中を便利にする技術を開発している企業
  3. 自分のスキルアップのための本

これらに投資することで

  1. 難病を治す薬が開発される(医療が成長)
  2. 世の中が便利になる(技術が成長)
  3. 自分がスキルアップする(自分が成長)

といったように成長した結果を得られます。

未来の成果は直接自分だけの利益になるもの(3.)もあれば、世界中の利益になるもの(1.2.)もあります。

いずれにせよ、このように、未来の成果を得るために現時点の資産を投じることを投資と考えています。
言い換えれば、育てたい木の種を蒔くことが投資と言えます。

投資につきもの、リスク・リターンとは

リスクとは

資産運用の世界においては、変動すること(不確実性)をリスクと言います。
一般的にリスクといえば、危険なイメージがつきまとうため、資産が減る確率や割合をリスクと考えてしまう人が多いです。
しかし、資産運用の世界では、増えることもリスク、減ることもリスクです。

100円のものが80円になる可能性より150円になる可能性の方がハイリスク

例えば、今あるモノAの価値が100円としましょう。

一般的なイメージでは、Aの価値が1年後に80円になるかもしれないのはリスクですが、
150円になるかもしれない、というとリスクとは受け取らないのではないでしょうか。

資産運用の世界においては、どちらもリスクです。
プラスになるかマイナスになるかは関係なく、価値が変動するのであれば、リスクがあります。

さらに言えば、Aの価値が1年後に80円になるよりも150円になる方がハイリスクです。
これは、変動幅が100-80=20円(幅)に対し、150-100=50円(幅)なので、
幅の比較で考えれば 20 < 50 となりますので、文字通り、大きい方がハイリスクなのです。

リターンとは

将来得られる可能性のある収益のことをリターンと言います。
こちらは一般的に言われるものと、そう違いはないと思います。
投資額に対して、どの程度のリターンが予想されるか、みたいな言い方がされますね。
大抵はパーセンテージで表記されていますね。期待リターンは7%、といった感じです。

ちなみに期待リターンとかは大抵年利で記載されるので、
期待リターン7%の場合は、100万円投資すれば1年後には107万円になっていることが期待されます。

投資で覚えておいて欲しいこと

資産評価額がマイナスになることは大いにあります。
これはリスク(変動する可能性)があるため当然の結果です。

しかし、このことを理解せずに、ただマイナスを嫌がる人がいることも事実です。

「今マイナスだから」とやめてしまって、マイナスで確定させるとマイナスで終わります。
しかし、「今はマイナスだけどいつかプラスになる」と信じて投資を継続すれば
プラスになった時にプラスでやめられる可能性があるわけです。
もちろん、プラスにならずにマイナスのままの可能性もあります。

大切なことは、継続すべきかやめるべきかを自分で判断できるものに投資することです。

ただ、上がり続けるものに投資したい、投資できるのであれば誰でも億万長者になっています。
しかし、現実にそういったものが存在しない以上、自分で投資対象を選定する必要があるわけです。

そのためにも、自分で後悔しないような選定、選択が出来るよう、知識を身につけて欲しいと思います。

knowledge is power(知識は力なり)です。