30代から始める平社員の資産運用

投資初心者でもお金持ちになれる - 少額投資でなるはやで資産を築くブログ(株/投資信託/FX/自動売買/ロボアド)

【実績】トライオートETF

これから定期的にトライオートETFの運用状況を公開していきたいと思います。
実際に私が運用しているチャートのスクリーンショットを載せておきます。
利益も損失も赤裸々に公開していく所存です。

トライオートETF

簡単な概要

インヴァスト証券で取り扱っているETFの自動売買です。
あらかじめ用意されている設定、もしくは自分で作成した設定でETFの自動売買が行えます。
自動でETFを買って、その後、買値より高い値段で売って(決済して)くれる。
売った後はまた自動でETFを買って売るを繰り返します。

買ってから売るので、買った後に下がると含み損になります
何となく損している気になったり、恐ろしい気がしますが、そんなもんです
価格が上昇すれば、含み損が減り、含み益になり、利益確定されて利益になります。
あまりにも損が出すぎて耐え切れそうにない場合や暴落しそうでやばいと思った時は
早めに損切りすることをおすすめします。

トライオートETFの印象

最近は元手が4万円程度から運用できますので、気軽に行える投資(自動売買)だと思います。
ただし、元手4万円で始める場合は約定(売買)の頻度が少なくなる可能性があるため、
出来れば、もう少し元手を準備出来ると良いかと思います(後から追加でもOK)。

自動売買ではありますが、定期的にメンテナンスしてあげると良いと思います。
もちろんノーメンテナンスで放置し続けるという選択肢もありますが、
約定されない期間があると面白くなかったので、私はこまめにメンテナンスしています。
私の運用は後述しますので、そちらを参考にして頂ければと思います。

実績

実績公開、運用状況

設定 チャート

運用方針

元手は50万円です。今のところ追加で入金する予定はありません。
まず最初に日経レバ_スリーカードがありますが、一時の気の迷いです。
これはもう運用しません。いつか決済される日まで放置する予定です。
※余談ですが、下がった後に戻ってくるまでの期間は日本と米国で本当に違います。
 米国の方が短期間で戻ってくるので、米国メインで運用した方が良さそうです。

基本的に、ナスダック100トリプル(下記3種類)を対象に運用しています。

  1. ナスダック100トリプル_スリーカード
  2. ナスダック100トリプル_ライジング
  3. ナスダック100トリプル_追尾

運用頻度が高いかなぁと思う順に並べてみました。
※"ナスダック100トリプル_xxx"の_xxx部分は設定を示す部分です。
 詳細な説明はインヴァスト証券のHPを確認頂ければと思います。

まず、私個人は
長期的に見てナスダック100は右肩上がり
という考えの上にたっています。
ナスダック100は短期的には上がったり下がったりするが、長期では上がり続ける
と考えています。
つまり、短期的には下がってもいつかは買値より高くなる、と考えています。

ナスダック100トリプル_スリーカード

基本的にはスリーカードをメインで運用します。
スリーカードは価格上昇に追従し、細かく利益を取ってくれるイメージです。
これは相場に関係なく常に運用し続けています。

ナスダック100トリプル_ライジング

ライジングは価格上昇に追従し、大きく利益を取ってくれるイメージです。
(スリーカードとの違いは、大きく上昇するときに利益が取れるような感じ)
ですので、これは価格が下がった後、底をついたと思ったタイミングで運用します。
そこからはしばらく上昇することを期待して大きく利益を取りたいためです。
そして、ある程度利益が確保できた段階でライジングは停止します。
下がる前の価格までは戻っても、そこから上にはいけない可能性もあるため、
下がる前の価格付近で止めるようなイメージです。
※明らかにもっと上昇することが予測できれば運用し続けるのもアリかもです。

ナスダック100トリプル_追尾

最後に追尾ですが、こちらはある一定幅の中で上がったり下がったりを
繰り返しているときに利益を取ってくれるイメージです。
ですので、底をついたかなーというタイミングでライジングと同時期に
運用を開始し、価格が一定幅を上に抜けたら停止するような使い方です。
すぐに回復したら効果は薄そうですが、底付近でうろうろする場合にお得そうなので。

その他

注意

投資は自己責任です。自分で情報を吟味し、自分で判断してください。
本記事を参考に投資を行い、損失を被っても、私は一切の責任を負いません。

履歴

  • 2018/09/11 公開