資産箱 - 貯金しない30代が綴る雑記ブログ

no investment, no life|投資にフルコミット

TOEICで500点を取りたいなら英語の勉強は必要ない

TOEICで満点や800点取ることは難しいですが、300点程度取れているなら+200点くらいは技術で取れます。
TOEICの点数を取りたいだけであれば、英語力は不要です

toeic

TOEIC攻略POINT

対象:500~600点を狙う人
・英語力ではなく、TOEIC力を磨く
・過去問で自信をつける
・基礎的な単語は覚えておく

結論:TOEICは英語の試験ではない

ちょっと過激なので補足すると、英語の試験ではありますが、500~600点を取るくらいなら英語の知識は極端に求められません。 もちろん、800, 900点以上を狙うには当然英語の知識は必要になります。

とはいえ、ネイティブでも満点取れないとかは良く聞く話です。ま、日本人が国語で満点取れないのと同じです。
※国語が満点じゃなくても意思の疎通は図れているので、TOEICが必ずしも重要なわけでもありません。


私のTOEICの最高点は620点です。

その前の試験では425点でしたので425→620の約+200点です。
※その後の試験で380点まで落ちました。

で、この200点をあげるためにしたことは英語の勉強ではなく、TOEICの勉強です。

※ちなみになぜ急に200点も上げたかと言いますと、給料のためです。
会社の昇格要件に「TOEIC 600点」があったので必死にクリアしただけです。

TOEICの勉強とはどういうことか

今回、約200点上げるために使用した教材を紹介します。


Amazon:CD-ROM付 TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術


この本にはTOEICで点数を取るための技術が書かれています。

私がTOEICのスコアを上げる過程で学んだことは

  • TOEICの点数は英語ではなく、技術で取れる
  • TOEICである程度点数が取れても英語は出来ない
  • 目指すゴール(点数)を明確にして無駄を省くべき

ということです。

この本で点数を取る技術を学ぶことがTOEICの勉強ということです。
極論を言うと英語の勉強にはなりません。

TOEICへの取り組み方

私の取り組みを紹介します。むちゃくちゃシンプルです。

  1. 過去問を解いてみましょう。きっと低い点数です。
  2. この教材で技術を学びましょう。
  3. 再び過去問を解いてみましょう。きっと上がっています。
  4. 教材で技術を再確認しましょう。きっと抜けていた箇所があります。
  5. 再び過去問を解いてみましょう。きっと自信がつきます。

※ちなみに教材や過去問に出てくる英単語くらいは覚えておきましょう。

英語を勉強したいのか?TOEICの点数を取りたいのか?目的が重要

もう一度考えてみてください。あなたの目的はどちらですか?

  • 英語力をつけたい
  • TOEICの点数を取りたい

英語力をつけたいのであれば、ほかの教材を使った方が良いです。

TOEICの点数を取りたいのであれば、この教材をおすすめします。

TOEICで高得点を取りたいのであれば、両方を併用することをおすすめします。

TOEIC攻略POINT

対象:500~600点を狙う人
・英語力ではなく、TOEIC力を磨く
・過去問で自信をつける
・基礎的な単語は覚えておく


Amazon:CD-ROM付 TOEIC(R) L&Rテスト 直前の技術