30代から始める平社員の資産運用

投資初心者でもお金持ちになれる - 少額投資でなるはやで資産を築くブログ(株/投資信託/FX/自動売買/ロボアド)

十角館の殺人:ミステリー小説は読まなくても良い。十角館だけ読んでほしい

帯に書かれた「衝撃の一行」の文言。私はこれだけで購入しました。

読んだうえでオススメします。
どこかに衝撃の一行が待ち受けているから、レビューとかネタバレを見ずに読んでほしい。
そして、引っかからないように読み進めて欲しい


どうせ引っかかるから


十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

ミステリー小説は読まなくても良い。十角館だけ読んでほしい。超オススメ

今までミステリー小説を読んだことない人、読むつもりもない人、このページに来たのが運の尽きと思って 十角館の殺人だけ読んでください。他のミステリー小説は読まなくて良いです。

十角館の殺人を読めば、きっと他の新本格ミステリーが読みたくなります。

新本格ミステリーとは十角館の殺人から始まったと言っても過言ではない

本小説は時代を築いた一冊と言えます。そして、それだけの面白さがありました。

だからこそオススメしてるんですけどね。

他にもおすすめの小説はたくさんありますが、まずは十角館の殺人を読んでほしい。

正直、これに魅力を感じて頂ければ私とは趣味が合いそうなので色々おすすめしたいと思います。

別に面白くなかったな~という人は、私のオススメがオススメにならないかもしれません。

ミステリー小説の面白さに気づかせてくれた不朽の名作

本屋で何気なく面白そうな本ないかなーと探していたときに平置きされていました。

そして「衝撃の一行」という帯を見て、「そんなわけあるか、一行でどんな衝撃があるんじゃ」と思って買いました。

しかも初版は1986年ですから「今時のおれにウケるわけねーだろ、へっ」という気持ちです。










調子こいてごめんなさい。

むちゃくちゃ面白かったです。

騙されたと思って読んでほしい。騙されるけど騙されてないから


十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)