30代から始める平社員の資産運用

投資初心者でもお金持ちになれる - 少額投資でなるはやで資産を築くブログ(株/投資信託/FX/自動売買/ロボアド)

【FX】口座状況から現在のレバレッジを確認する方法

FXでよく目にするレバレッジ。

今、自分はレバレッジ何倍で運用しているか把握していますか?

ここでは簡単に計算する方法を説明します。

対象読者:

  • そもそもレバレッジを知らない人
  • レバレッジの計算方法を知りたい人

leverage SBIFXトレード

レバレッジを使うと少ない資本で大きな額を運用できる

レバレッジという言葉はどう使うか

レバレッジとは「てこ」のことです。てこを使うと小さな力で大きなものを動かせます。

これを金融の世界に当てはめ、少ない資本で大きな取引を行うことをレバレッジをかけると言います。 レバレッジを厳密に言うと、「一定の保証金(証拠金)」を預けることで、それより大きな額の取引が出来ることです。

基本的にはFX取引で使う言葉で、例えば10万円の資本をもとに100万円分の取引を行うと

100万÷10万=10倍ですので、「レバレッジ10倍」や「10倍のレバレッジをかける」と言います。

ちなみに日本国内の証券会社では「レバレッジは最大25倍」と決まっています。

レバレッジを使うメリットとデメリット

レバレッジを使用するメリットは、少額から大きな取引を行えることです。

少額から効率の良いトレードが出来るため、利益が増えます。言い換えると、変動が少ない相場でもレバレッジをかけることで利益を大きくすることが出来る、とも言えます。

また、少額からエントリーすることが出来るため、機会損失を減らすことが出来ます。

レバレッジを使用するデメリットはメリットの逆です。

投資に失敗した時の損失が大きくなります。

メリット:

  • 少額から効率の良いトレードが出来る
  • 変動が少ない相場でも利益(損失)を取ることが出来る
  • 少額からエントリーできるため、機会損失が減る

デメリット:

  • 失敗した時の損失額が大きくなる
  • レバレッジをかけすぎるとロスカットされやすくなる

レバレッジをかけすぎるとロスカットされやすくなる

レバレッジを掛けると大きな額の取引が出来ると言いましたが、厳密には取引している通貨の枚数が多くなっています。

個人的にはこの考え方が重要だと思っています。

  • レバレッジ1倍で1万通貨取引している場合に1円下がると1万円の損失
  • レバレッジ10倍で10万通貨取引している場合に1円下がると10万円の損失

仮に、資金を10万円しか入れずに上記の状況となった場合、前者であれば9万円残っていますが、後者は0円です。 同じ1円下がるだけでも損失額は変わってきますので、ロスカットされないためにも常にどれだけの通貨を保持しているかを意識することが必要です。

※ロスカットは資産が0円になる前に発動するようになっていますが、タイミング次第では追加でお金が必要になることもあります。

ロスカットは一発退場とも言われます。ロスカットは損失が確定してしまうので、危険そうな時はレバレッジを落としてロスカットされないことを意識しましょう

レバレッジの計算方法

レバレッジの計算は「取引に必要な額÷投資金額」で計算できます。

投資金額を10万円固定とし、取引に必要な金額がそれぞれ以下の場合のレバレッジを表に示す。

取引に必要な金額 投資金額 レバレッジ
10万円 10万円 1倍
20万円 10万円 2倍
50万円 10万円 5倍
100万円 10万円 10倍

投資前であれば、レバレッジを何倍にするかはこのように計算することが出来ます。 実際に投資を始めると分からなくなることもありますので、簡単な算出方法を次で説明します。

維持率を使えばレバレッジの算出は簡単

概要はさておき、私の口座情報をもとに実際に算出してみましょう。維持率を使ってレバレッジを算出します。

sbifx

私が運用しているSBIFXトレード のアプリ画面です。赤枠で囲った箇所に「証拠金維持率」というものがあります。この画面ですと340%ですね。この値を使います。

レバレッジは 2500 ÷ 340 = 7.352... ≒ 7.5倍です。

簡単でしょ?2500はレバレッジ上限が25倍の内は固定で使用可能です。

もうひとつ別のアプリでも算出してみましょう。

fxprime

こちらも私が運用しているFXプライムbyGMO のアプリ画面です。

赤枠で囲った箇所に「維持率 863.51%」があります。この値を使用します。

レバレッジは2500 ÷ 863.51 = 2.895... ≒ 3倍です。


ちなみにレバレッジは低ければ低いほど安全です。ざっくり計算する場合は四捨五入ではなく、少し切り上げて考えた方が良いでしょう。

まとめ:レバレッジは慣れないと危険。慣れても低めに抑えておこう

個人投資家はレバレッジをかけやすい傾向がある、と言われています。

実際、私の運用状況を見ると分かりますが、レバレッジ7.5倍はかなり高いです(トルコリラの誘惑に負けました)。

レバレッジは資産形成を加速させるには有効ですが、諸刃の剣ですのでオススメはしません。

初心者の内は(初心者でなくとも) 1~3倍までに抑えておくことをオススメします。



他にも色々と資産運用しています。

こちらの記事にまとめてありますので参考にしてみてください。

参考:実践している資産運用一覧



FXプライムbyGMO



トライオート