資産箱 - 30代平社員の資産運用

経済的自由を得るための試行錯誤と雑記帳

【株主優待】権利落ち日とか権利確定日がいまいち分からない人へ

stock

株主優待をもらうためには避けて通れない言葉に

  • 権利付き最終日
  • 権利落ち日
  • 権利確定日

があります。
しかし、いつまでに買っておけば良いのか、いつ売って大丈夫なのか、が分かりにくいです。

調べてみても意外と分かりにくいので、自分が間違えないよう調べた内容を覚書として残しておきます。

株主優待の権利を獲得するには

権利付き最終日:優待をもらうために株を購入する最終日(この日に買ってもOK)
権利落ち日:この日には株を売っても大丈夫
権利確定日:特に気にしなくてOK、この3営業日前が権利付き最終日ってだけ


Amazon:知って得する株主優待 2019年版(発行:野村インベスター・リレーションズ)

株主優待の権利を得るには

前提として「約定」と「受渡」を知っておくと理解しやすいです。

用語 意味
約定 株式の売買注文が成立すること(この時はお金と株のやりとりは発生しない)
受渡 約定している株式の決済を行うこと(ここでお金と株のやりとりが発生する)

市場で株式を購入するのは約定となります。
約定日の3営業日後が受渡日となり、株式を保有していることになります。

権利付き最終日に株式を保有すること

権利付き最終日に株式を購入(約定)しておく必要があります。
※購入しておく株数は銘柄により異なるため注意が必要です。

権利付き最終日に株式を約定(=3営業日後に受渡が発生)していれば良いので、権利付き最終日の当日に株式を購入してもOKです。
※ちなみに15:00以降のPTS市場など時間外の場合は翌日扱いになるので注意が必要です。

株式を売りたい場合は権利落ち日に

権利落ち日は「株主優待がもらえる権利が得られる日の翌営業日」のことです。
ここらへんの言葉の説明が非常に分かりにくいです。

つまり、

権利確定日に株式を保有していれば優待はもらえるので
権利付き最終日に買い約定しておく
権利落ち日に株式を売り約定しても
権利確定した翌日に手放すことになるため大丈夫

となります。

権利確定日は要注意!

権利確定日は非常によく見る言葉で、勘違いしやすいので要注意です。

権利確定日に保有している必要があるので、権利付き最終日(確定日の3営業日前)に購入(約定)しておく必要があります。

ここを間違えて権利確定日に購入してしまい、株主優待をもらえない人が多いです。

一目瞭然!表形式で書いてみた!

言葉だけだと分かりにくいので表で書いてみます。

これは3/28を権利確定日とした場合の例です。
他の日でも同様の考え方が適用できます。

日付 営業日 概要
3/28 3営業日前 権利付き最終日(優待をもらうために約定する最終日)
3/29 2営業日前 権利落ち日(売っても優待はもらえる)
3/30 1営業日前 -
3/31 ここを起点 権利確定日(権利付き最終日に買った場合は受渡(保有する))
4/1 1営業日後 - (権利落ち日に売った場合は受渡(手放す))


株主優待の権利を獲得するには

権利付き最終日:優待をもらうために株を購入する最終日(この日に買ってもOK)
権利落ち日:この日には株を売っても大丈夫
権利確定日:特に気にしなくてOK、この3営業日前が権利付き最終日ってだけ


Amazon:株主優待ハンドブック 2018-2019年版 (日経ムック)

その他関連ページ

参考までに私の株式購入候補銘柄をまとめた記事もあります。
参考:気になる株式銘柄一覧

その他、私が取り組んでいる資産運用一覧の紹介記事はこちら
参考:管理人が取り組んでいる資産運用一覧