資産箱 - 貯金しない30代が綴る雑記ブログ

no investment, no life|投資にフルコミットしつつ食べ歩く

手段の目的化が多すぎる!意識の持ち方一つで人生を変えよう!

手段の目的化が多すぎる!意識の持ち方一つで人生を変えよう!

気付かない内に手段が目的になっていませんか?

もし、周りから「できる人」だと思われたいなら、こう問いかけましょう。

そもそもの目的は何でしたっけ?

本記事のPOINT

・目的と手段は気付かないうちに混同する
・目的を意識することで無駄を排除しよう
・無駄な仕事で失っているものは人生である
・目的意識をもってQOL向上を図ろう

happy

仕事は価値を生み出す必要がある

仕事には必ず目的がある

仕事やタスクが発生する背景には

  • 利益を上げたい
  • 問題を解決したい
  • 仕事を効率化したい

など、「~したい」という成し遂げたい目的が存在します。

手段は目的を達成するための方法

そして「目的を達成するためにどうすべきか」という解決策(手立て)を考えるフェーズがあります。

この時に考えられる解決策が「手段」です。

例えば「利益を上げたい」という目的を達成するには

  • 商品を開発して売る
  • コスト削減を図る
  • 転売する

など、様々な方法が考えられます。 もちろん、これらすべてが手段です。

つまり、手段とは単なる「解決のために取りうる方法」でしかないのです。

手段が目的に変化する

先の例で、手段を「商品を開発して売る」にしたとしましょう。

そうすると不思議なことに目的が変化します。

「利益を上げたい」という目的は

商品を開発して利益を上げたい」という目的に変化します。

こうなってしまうと、行きつく先はもうお分かりですよね。
何が何でも商品を開発して利益を上げるんだ、という方法に固執します(しかも気づいてないことが多いので、なおさら質が悪い)。

たとえ商品開発がうまくいかずに行きづまっても「どうすれば商品を開発できるのか」を考えるようになります。

当初の「利益を上げる」目的を達成するだけなら「転売する」に方針変更してもよいはずなのに、それには至りません。

目的を常に意識しておこう 

こういった状況は往々にして

  • 当初の目的を忘れている
  • 目的が変わっていることに気付いていない
  • (周りの目を気にして)方針変更を言い出せない

といったことが原因です。

大切なことは目的を達成することであり、手段を守ることではありません。
※手段がまったく重要ではない、とは言いませんが。

また、目的を分からずに仕事している人もいます。

その仕事で何を成すのか。
何のための仕事なのか。

ということを考えて欲しいです。

無駄な仕事は人生の浪費だ

必要のない仕事、価値を生み出さない仕事は無駄です。
やらなくて良いのです。

その仕事の存在意義は何か?
その仕事が何も成し遂げないのならやる必要はあるのか?
やる必要がないなら、別の仕事で価値を生み出しましょう。

無駄な仕事をしている間も、あなたの人生は進んでいるのです

仕事もプライベートもあなたの人生である

happy

人生の時間を計算したことはありますか?

  • あなたは一日のうち、何時間、仕事していますか?
  • あなたは一年のうち、何日間、仕事していますか?

仮に1日8時間、1年のうち250日を仕事した場合
年間2,000時間を仕事に費やしています。

1年は8,760時間ですが、睡眠時間を8時間と仮定すると残りは5,840時間です。

つまり、起きている時間の約3分の1を仕事に費やしていることになります。
しかも残業なしの計算で、です。

仕事に人生を捧げる必要はない

仕事に人生を捧げることを否定するつもりはありません。
そういう人もいますし、それも良いと思います。

ただ、大多数の人は「働かずに済むなら働きたくない」でしょうし、仕事よりもやりたいことがあると思います。

それならば、やりたいことをやる時間を創出しましょう。

そのために出来ることは何か・・・

無駄な仕事はやらないことです。

どれだけ効率が良い人でも「やらない」より早く仕事を片付けることは出来ません

業務時間で頑張りを図る時代は終わりつつある

最近では残業や休日出勤の忙しいアピールは「残念な人」の烙印を押されかねません。
※もちろん「出来るからこそ業務が集中する」など仕方のない方は除きます。

業務時間で頑張りを図る時代は終わりつつあります。

似たような話で「最近の若い人たちは飲み会に参加しない」こともよく聞くようになりましたし、定着してきました。

大丈夫です。今はもう、がむしゃらに働くことが美徳とされる時代ではありません。

人生は有限です。あなたの大切なことに使いましょう。

あなたのQOL(Quality Of Life)が向上することを願っています。