資産箱 - 貯金しない30代が綴る雑記ブログ

no investment, no life|投資にフルコミットしつつ食べ歩く

イオンオーナーズカードは映画のためだけでも保有価値アリ【株主優待】

イオンオーナーズカードで映画鑑賞

イオン【8267】の株式を100株(1単元)保有すると
株主優待としてイオンオーナーズカードがもらえます。

イオンの株主優待は映画を見る人にオススメです

要点

イオンの株式優待で
・映画料金が800円OFF
・ポップコーンまたはドリンク引換券1枚
・2人ならお得感が倍増

イオンシネマの映画料金が大人1,000円になる

最近、映画料金が高くなってきていますが、イオンオーナーズカードを提示すると1,000円で鑑賞できます。通常は1,800円ですので、800円OFFです。

しかも、イオンオーナーズカードは一枚あれば同伴者分も1,000円になります。

つまり、2人で行けば800円x2=1,600円分お得というわけです。

さらにオーナーズカード1枚につき、ポップコーンまたはドリンク引換券のどちらか1枚がもらえます。 株式を1単元保有すれば、オーナーズカード1枚と家族カード1枚が送られますので、家族カードも提示すれば引換券は2枚もらえます。

大人2人で映画を観に行った場合を考えても

  • 映画料金が2,000円
  • ポップコーン1つ無料
  • ドリンク1杯無料

ということです。
通常、大人1人が映画観るだけで1,800円ということを考えると破格です。

あわせて読みたい

イオンの株主優待に関する詳細は以下記事を参考にしてください。
【株主優待】イオンオーナーズカードを使いこなそう|使い方・特典の一覧

イオンの株式は高いが十分元が取れる

既に述べたように映画が趣味であれば保有しても損はないと思います。

株式なので株価の上下はありますが、たとえ含み損が発生したとしても、イオン株が紙くずになることはほぼないと思いますし、株主優待や配当をやめない限りは少しの贅沢と節約ができます。

例えば、二人で映画を観に行くと1回で1,600円分得します。毎月行けば1年で19,200円お得です。
イオンの株主優待には他にキャッシュバックもあるため、うまく活用すれば多少の含み損は十分にカバーできます(含み益出ていればもっと嬉しいですが)。

配当利回りや優待利回りも重要ですが、現実的に一番オトク感が強い銘柄かもしれません。何よりも使いやすいのが利点ですね。

ネット証券会社は楽天がオススメ

株式投資を始めてみたい方はネット証券で口座開設することをおすすめします。
口座開設の手間や手数料など様々な面で有利です。

その中でも特にオススメなのは楽天証券です。
他にはSBI証券もオススメできます。どちらかにしておけば間違いはないと思いますが、後述の魅力があるので、個人的には楽天証券がオススメです。

楽天証券

SBI証券より楽天証券に魅力を感じる点は下記です。

  • 楽天カードで積立できる点
  • 楽天ポイントで投資できる点
  • 楽天経済圏の一端を担っている点

個人的には、知れば知るほど楽天経済圏が魅力的すぎて節約や投資には欠かせない存在になりつつあります。