資産箱 - 30代平社員の資産運用

経済的自由を得るための試行錯誤と雑記帳

ワンタップバイがIPO専用アプリ「誰でもIPO」を11月下旬にリリース予定

FUNDINNO(ファンディーノ)

※注意※
投資は自己責任です。内容を理解して取り組みましょう。

ipo ipo

IPO投資は抽選で権利が取れなかったり、事前に口座に資金を入れておく必要があったりと色々手間がかかります。

また、IPOの大半は値上がりする銘柄が多く勝ちやすいと言われますが、実際に全銘柄が上がっているわけではありませんし、値下がりして結局損してしまうこともあります。

こういった面から1株からIPO投資にチャレンジできる環境を作ることは良い試みだと思いますし、まとまった資金を準備できないけどIPOに参加したい時には有効ですね。

IPOとは新規株式公開のこと

そもそもIPOとはInitial Public Offeringの略で新規株式公開と呼ばれ、 今まで上場していなかった企業が上場して新たに株式を公開することを言います。

IPOは値上がり益狙いの投資家が多い

IPOは公募価格(上場する前に設定される株価)よりも上場日の最初につく株価(初値)が高くなることが多く、上場直後の株価の値上がりで利益を狙う投資家が多いです。

ここ数年は実に8割近くの新規公開銘柄で、初値が公募価格を上回っています
が、言い換えると2割りの銘柄は下がっています。

「誰でもIPO」の最初の案件はソフトバンク

誰でもIPOで取り扱う最初の案件は「ソフトバンク」になるようです。

さすがにソフトバンクの説明は不要だと思いますので割愛しますが、かなりの大型案件だと思いますので積極的に狙っていきたいですね。

IPOの申し込みは事前に行う必要がある

IPOは通常の株式と異なり、事前に「買いたい」宣言を行う必要があります。

「買いたい」宣言ができる期間をブックビルディング期間と言います。

また「買いたい」宣言する前に購入に必要な金額を口座へ入金しておく必要がありますので注意です。

※入金要否は証券会社によって異なりますが、大抵の証券会社ではこのタイミングで必要です。

やってみたいけど口座を持っていない人は先に済ませておこう

公式HPの片隅に11/21(水)アプリ公開予定と書いてありました。

おそらくその日は殺到すると思いますので口座開設だけでも先に済ませておくと良いかもですね。

ちなみにワンタップバイはIPOだけでなく、米国株投資にもオススメです。初心者の方でも簡単に投資できます。こちらのワンタップバイの紹介記事も参考にしてください。
参考:ワンタップバイは米国株投資にオススメ

ドコモユーザーならドコモ口座でキャッシュゲットモール を利用すればお得です。
参考:ワンタップバイがドコモ口座と連携!置いたまま買付ができる

投資関連のリンク

IPO投資以外にも色々な投資があります。私の資産運用一覧も参考にしてください。大抵のことには手を出して実績も公開していますので参考にしやすいかと思います。
参考:管理人が実践している資産運用一覧

FUNDINNO(ファンディーノ)