資産箱 - 貯金しない30代が綴る雑記ブログ

no investment, no life|投資にフルコミットしつつ食べ歩く

リベンジ!三井アウトレット北陸小矢部の麺屋つくしを再訪してみた

麺屋つくし

以前、三井アウトレット北陸小矢部にある「麺屋つくし」でラーメンを食べましたが、非常に残念な思いをしました。

今回、三井アウトレット北陸小矢部に行く用事があったので、前回のラーメンはたまたまだったのか検証してきました。

結果:前回ほど残念な結果ではない

麺屋つくし 麺屋つくし

結果から言うと前回よりは良かったです。

ただし、個人的には気が向かない限りアウトレットでは食べなくても良いかな、という印象です。 あくまで個人的な感想になりますが、良かった面と良くないと感じた面を述べたいと思います。

待ち時間は改善されていた

前回は30分近く待たされていたので、今回は待ち時間を計ってみました。 店員さんからは「10分程度かかります」と伝えられており、実際にかかった時間も10分でした。

これに関しては文句ありません。前回のことを考えると十分すぎる結果だと思います。

スープがあまり熱くない

これは個人的には結構気になっているところです。

麺屋つくしのラーメンは、表面に油の層があって冷めないように工夫されていたと記憶しています。それなのにそもそも冷めていたら意味がないと思います。 個人的には、つくしのらーめんで何度かやけどしている記憶もありますし、それも含めて美味しいと思っていました。

仮にわたしの記憶違いだとして、普通のらーめんで考えても熱くないんじゃないかなと思います。

麺がやわらかい

今回は、塩らーめんと味噌らーめんを頼みました。 塩らーめんの麺は普通くらいの固さでしたが、味噌らーめんは柔らかかったです。両方食べ比べて明確に違いが分かるくらいでした。 お店のデフォルトが柔らかめとかなら理解はしますが、同じ客のらーめん2つで固さが違うのはどうなんでしょうね。

個人的に気になった点を述べていますが、誤解のないように言っておきます。間違いなく味は美味しいですからね。あくまで温度と麺が気になるって話です。 逆に、温度と麺の固さが気にならない人は全く問題なく、美味しく食べられるのではないかと思います。

本店に行った方が良い

色々と考えてみたのですが、先述した温度と麺の問題は、もしかするとアウトレット店の提供形態に理由があるのかもしれません。

というのも、アウトレットの店舗では、らーめんが出来上がるとカウンターに一斉にらーめんが並べられ、ブザーを鳴らしてお客さんに取りに来てもらうシステムになっています。
つまり、そもそも

  • らーめんが出来てからブザーが鳴るまでの時間
  • ブザーが鳴ってからお客が取りに来るまでの時間
  • お客が持って行って食べ始めるまでの時間

と、通常の店舗より出来上がってから口にするまでの時間が長いです。

とはいえ、わたしはなるべく早めに取りに行ったつもりですし、影響が出るほど時間をかけたつもりもないので、どうなのかなぁとは思います。

ですので、結論としては、本店で食べるのが間違いないということですね。

「本店と同じ味で提供できるよう~」

これは補足になるのですが、アウトレットのお店付近に「本店と同じ味で提供できるよう、同じ方法で作ります」みたいなことが書かれていました。

これって穿った見方をすると「本店と同じ味になっていませんでした」とも取られかねないので、個人的にはやめた方が良いと思いました。 そもそも同じお店なら同じ味で提供されることを期待していますからね。

まとめ:しばらくは本店で食べます

厳しいことを書いたかもしれませんが、わたしは麺屋つくしが好きですし、今でも味噌らーめんでは一番美味しいと思っています。

ただ、それゆえに残念で仕方がありません。
またいつかアウトレットでも食べるかもしれませんが、それまでは食べたくなったら本店に通うことにします。